【ブレンド・S】第2話感想「仁義なきスイーツ」←スイーツの意味を調べてしまった

一応アニメレビューという形で書いていますが解説や考察を交えながら感想を書いていくのでネタバレに注意して下さい。
今回の話は苺香ちゃんの魅力が一層引き出された話でしたね。料理の腕前がある意味天才的でした。

天然ドS炸裂

引用元:BS11「ブレンド・S 第2話」
© 中山幸・芳文社/ブレンド・S製作委員会

やっとアルバイトにも慣れてきた苺香ですがドSキャラには中々慣れなくて悩んでいる模様。

早く慣れるように練習しないと!

↓ 

愚民愚民愚民愚民愚民愚民
ゴミ屑ゴミ屑ゴミ屑ゴミ屑ゴミ屑
豚野郎豚野郎豚野郎豚野郎豚野郎

この練習に驚く同僚一同。

笑顔でドSの練習ということを釈明します。なぜここで慌てないのか…

じゃあそれも練習の一環?」と夏帆に質問されて、店長ディーノの上に座っていることにやっと気づきました。それが上の画像ですね。

えぇえええええええええ!?
と慌てた所でクッション代わりの店長起床

いい夢を見ました
そらそうよ。こんな可愛い女の子に座られてたんだから。羨ましけしからん!

笑顔の練習

引用元:BS11「ブレンド・S 第2話」
© 中山幸・芳文社/ブレンド・S製作委員会

笑顔笑顔笑顔と呟きながら笑顔を意識した苺香。

大丈夫ですか(笑)
すみません注文もう一度お願いします
ピクルス抜きで?
昨日もいらっしゃいましたよね
いつもの自称笑顔と蔑んだ口調で接客をしたことでお客さんには大ウケします。

笑顔を意識したことが裏目に出ていつもより自称笑顔が1.3倍増しくらいになったんだと予想。

客一同「今日も一段と蔑んだ表情が堪らない!

あー、やっぱり蔑み力(?)がパワーアップしてたんですね。

チームごとに分かれて

引用元:BS11「ブレンド・S 第2話」
© 中山幸・芳文社/ブレンド・S製作委員会

毎シーズン恒例の新メニュー争いに参加することになりました。

ルール
・期間限定でお客さんに出して一番人気なものをレギュラー入り
・チーム戦
・勝ったら店長から賞品が出る

最初はみんなで協力してメニューを作ると勘違いしていた苺香ですがチーム戦だと聞き、くじ引きで参加することになりました。

赤チーム
麻冬&苺香

青チーム
秋月くん(キッチンの人)と夏帆、そして店長

そして二人で作戦会議をすることに。
ガチ勢の麻冬が出す意見すべてに肯定していたので麻冬の沸点が一瞬で限界突破状態になりました。
まいかーーーーー!
それでも
良いと思います!」と返事をしてしまいます。
チームなんだからちゃんと意見を言うように諭されました。
何も考えずに頭真っ白状態で返事してたんですね分かります。

最高にドSなスイーツの出来上がり

引用元:BS11「ブレンド・S 第2話」
© 中山幸・芳文社/ブレンド・S製作委員会

そして当日。

期間限定メニューには2つ新しいものが追加されています。スペシャルパフェとパンケーキです。前者が赤チーム(麻冬&苺香)のアイデアです。謳い文句はフルーツ盛り沢山と書いており、見た感じも結構良さ気です。お値段¥1,000ですがこれを安いと見るか高いと見るかは人それぞれでしょう。

さっそくお客さんがそれに気づき
期間限定メニューだって!
こういうパフェ、普通の店じゃ恥ずかしくて中々頼めないんだよなぁ

まあ一般的な男性が喫茶店でパフェを頼むのは結構ハードル高いですよね。ですがこのお店では安心!基本的には同士しか居ないので恥ずかしがる必要無しです。

恥ずかしそうに
苺香「どうぞ召し上がれ
ドキドキしながらお客さんの反応を待っていると…

うおっ
 
ガタンッ

立ち上がるお客さん。頭を抱えて涎が垂れています。 

その理由は
辛い…しょっぱい…すっぱい

はい?見た目ちゃんとしたスイーツでしたやん

苺香「飛び上がるほど美味しいですか?

えぇ…。飛び上がるほどの味でしたね。

その反応が呼び水となったのか店内に居たお客さんが一斉に注文しだしました。

お客さんはこう評しています。
苺香ちゃんがヤバいパフェを大量に食わせて笑顔で感想を求めてくる限定ドSプレイ

その反応に麻冬は
ドS…パフェ?

当然ですね。パフェなのにドSとはこれ如何に

圧倒的人気のドSパフェでしたが味に問題があった為、結局レギュラーにはなりませんでした。

結論

店長さんが試食した時に灰になってたシーンから察するに相当刺激的な味だったんでしょうね。
1月10日にきららファンタジアに参戦するブレンドSですが苺香ちゃんの必殺技がドSパフェになったら面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。