Core i3、i5、i7はどれを選ぶべき?違いについて比較しながら解説します

こんな悩みはありませんか?

  • Intel Coreシリーズの違いがよく分からない
  • 最近のIntelはどんな製品を出しているの?
  • 今度新しく発売するCPUでどれを選ぶべきか迷っている

長らくIntelのCPUは

  • Core i3 = 2コア4スレッド
  • Core i5 = 4コア4スレッド
  • Core i7 = 4コア8スレッド

が常識でした。今でもそう覚えている人もいるみたいで
パソコンに関する相談をしてきた人にCore i3を勧めたら周囲にいる人に否定されました^^;

一気に多コア化が進んだ結果

最近ではコア数競争により単純にコア数が増えるどころかCore i9が登場しました。

とは言ってもi9はエンスージアスト向け(クリエイターや開発者)のプラットフォームなので一般人にはあまり関係ないCPUだったのですが…

Intel第9世代CPUにとうとうCore i9が加わりました!

つまり家電量販店やPCショップに並んでいるようなパソコンにも高性能なCPUが搭載されるということです。

まあ既存のCore i7でも十分に高性能ですが「もっと高性能なパソコン使いたいなー」と思っていた人には朗報ですね。今までの場合、i7よりも上のクラスに行こうとしたらマザーボード(基盤)やメモリの値段が跳ね上がってしまって諦めざるを得なかったので…。

そこで旧世代と比較しつつオススメのCPUを紹介していこうと思います。

インテルのCPUが特に優れていること

  • ゲーム(1コアあたりのポテンシャルが高い)
  • 動画のエンコード(H.265など)
  • グラフィックが標準搭載

グラフィックに関してはライバル社であるAMDが後々Ryzen 7のAPU版を出す可能性がありますが現状ではアドバンテージの一つです。

CPUの選び方について

結論から言うと

予算内で一番性能が高いCPUを選べば大丈夫です。

大は小を兼ねると言いますからね^^;

自分の用途を完璧に把握している人はi3以下を選んでも後悔することはありませんが
もしよく分からないのであればi5以上を選べば基本的にはOKです。

型番の末尾アルファベットの意味

末尾アルファベットは何種類も存在するので代表的なものを紹介します。

K

倍率ロックフリーで簡単にオーバークロック可能

T、S

省電力用途:小型PCなど

U

ノートパソコンなど

おすすめのCPUを目的別に紹介

Celeron

Celeronは1万円以下で購入出来るCPUです。低価格と言えばもっさりで使い物にならないイメージを持っている人もいるかもしれませんが今のCeleronはとても優秀でサクサク動きます。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Celeron
G4920
2/2 3.2 × × 2MB × 54W × ×
Celeron
G4900
2/2 3.1 × × 2MB × 54W × ×

 

TDP=消費電力の目安。常にこの数値を消費しているわけでもなく、又この数値を絶対に超えないというわけでもないので注意してください。

Pentium Gold

周波数が高いのでブラウザやOfficeを使うのに向いています。

これだけの性能があるとブラウザで普通にページを開くだけで感動します。めちゃくちゃ速いです。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Pentium Gold
G5600
2/4 3.9 × 4MB × 54W × ×
Pentium Gold
G5500
2/4 3.8 × 4MB × 54W × ×
Pentium Gold
G5400
2/4 3.7 × 4MB × 58W × ×

※HT=ハイパースレッティングテクノロジーの略。平たく言うと1コアに2つの処理をさせることが出来ます。

Core i3

動画視聴や少しリッチなソフトを使う人にオススメです。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Core i3
8350K
4/4 4 × × 8MB 91W
Core i3
8300
4/4 3.7 × × 8MB × 62W
Core i3
8100
4/4 3.6 × × 6MB × 65W

※OC=オーバクロックの略。CPUの性能を上げることが出来る機能です。熱や消費電力とトレードオフなので必ずしも有用とは言えません。

※Optane=HDDの遅さをカバーする技術。少し価格が高いのですが大容量SSDを購入する予算がない人におすすめです。

Core i5

動画編集や動画エンコードなどを始めとした用途にオススメのCPUです。
ゲームでも充分な性能を発揮します。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Core i5
9600K
6/6 3.7 4.6 × 9MB 95W
Core i5
8600K
6/6 3.6 4.3 × 9MB 95W
Core i5
8600
6/6 3.1 4.3 × 9MB × 65W
Core i5
8500
6/6 3 4.1 × 9MB × 65W
Core i5
8400
6/6 2.8 4 × 9MB × 65W

AVX2=動画のエンコードでとても役に立つ機能。これの有用性は素晴らしすぎます。

Core i7

ゲーマーやクリエイターにオススメです。コスパも優れていて優秀なCPUです。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Core i7
9700K
8/8 3.6 4.9 × 12MB 95W
Core i7
8086K
6/12 4 5 12MB 95W
Core i7
8700K
6/12 3.7 4.7 12MB 95W
Core i7
8700
6/12 3.2 4.6 12MB × 65W

Core i9


第9世代から登場した最上位CPUです。価格は跳ね上がりますがその分ポテンシャルも期待出来ます。普通に使うのであればi7と大して性能は変わりません。

コア/
スレッド
周波数 TB HT Cache OC TDP Optane AVX2
Core i9
9900K
8/16 3.6 5 16MB 95W

第9世代は半田付けということで話題になりましたがガチのオーバークロッカーからの評判はイマイチの模様。

第8世代コアプロセッサー(Coffee Lake)と第9世代コアプロセッサー(Coffee Lake Refresh)の違い

夜景

特筆するべき違いはありません。第9世代の方が新しいだけです。

Intelはソケット商法を繰り替えてきたので互換性がないと思っている人もいるかもしれませんがソケット(LGA)は同じなので対応済みの最新UEFIにしていれば動きます。
Coreシリーズの場合は9000番台が第9世代で8000番台が第8世代です。

一部マザーボード(チップセット)では動かないのであまり詳しくない人はショップの店員に確認することをおすすめします。