【PS4】The Divisionはエイムが不得意でも立ち回り次第でどうにかなる


タイトル Tom Clancy’s The Division
ジャンル FPS(TPS)+RPG
開発元 Massive Entertainment
発売日 2016年3月10日

世界観とあらすじ

世界的なパンデミックによって荒廃した世界の話。秩序がほぼ崩壊したニューヨークが舞台となっていて操作はオープンワールドになっている。
最悪の状況下のみ呼ばれるDivisionチームのエージェントとして秩序を乱す者たちを片付けて奪われた物資を回収するミッションなどを遂行するTPSゲーム。

基本的にはミッションとサブミッションで構成されていてオンラインによる協力マルチプレイにも対応。

The Divisionをプレイした感想(ネタバレなし)

オープニングではまるで映画のようなテイストのムービが流れてきてワクワクしました。
ムービーの最初ではゾンビゲームかと思いましたが全然違います(笑)。

パンデミックになった世界とのことでバイオハザードを彷彿とさせますね。

TPSをベースにRPGのいいところを加えたオープンワールドゲームということが良い塩梅になっています。
ちなみに私はFPSゲームがあまり得意ではなく、ちゃんとプレイ出来るか心配でした。

もちろん何回もやられました!

幸いなことにこのゲームはFPSの技術を磨くというよりも立ち回りの技術を磨く側面が強いです(あくまで個人の感想)。
結果としては苦戦しつつもソロプレイでも大丈夫でした。

基本的な操作方法

L2:構える
R2:射撃
×:隠れる
進みながら○:飛び越える
□:調べる、リロード
L3押す:ダッシュ

良い点

The Division

引用元:PS4「The Division」
© 2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, The Division logo, the Soldier Icon, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

遮蔽物に隠れながら次の遮蔽物に移動するアクションが良かったです。
このような壁などの遮蔽物を利用して隠れることで敵に近づくことが出来ます。
いわゆるステルスアクションですね。このゲームにおいては特別なテクニックが不要なので初心者でも簡単です。

どんなにクソエイムでも近づけば命中率は高くなります。

戦闘シーンは中々リアリティがある設定だと思いました。
というのもすぐに制圧出来るわけではなく

  • 敵の体力値が高い
  • 敵が多い
  • 敵がこちらに近づいてくる

それゆえに敵との適切な距離を保つなどの立ち回りを理解することが大事です。
プレイしたばかりの時は正直言って難しすぎて心が折れそうになりました。

悪い点

バットで絶対殺すマンが強すぎる

The Division

引用元:PS4「The Division」
© 2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, The Division logo, the Soldier Icon, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

対処のやり方(立ち回り)が分かるまでに何回もコイツにやられました。

回避などのアクションで攻撃を逃れることが難しいです。味方(CPU)が片付けてくれるといいのですが無能なのであまり役に立たないので自分で何とかする必要があります。

銃の反動が大きいせいなのかゲームの仕様なのか分かりませんがデフォルト装備だと遠距離攻撃をしても中々HPが減りません。
敵のHPゲージが多いのでギリギリまで引きつけて攻撃しないとすぐに銃弾がなくなってリロード中に撲殺されるのがオチです。
絶対殺すマンはこのゲームに本当に必要なのかと時々考えてしまいます。

ちなみに倒れてしまった場合はリスポーン地点に戻りますが距離が若干遠いことがよくあるのでストレスになります。
もう少しチェックポイントが小刻みだといいのですが…。

The Divisionの評価

操作性
(4.0)
ロード時間
(3.5)
難易度
(3.0)
面白さ
(4.0)

検索候補には「敵が強い」「敵 強すぎ」とあったので比較的難易度は高い方だと思います。
しかし一度立ち回りを理解してしまえばある程度はサクサク進むようになります。

それでもダメならマルチプレイで有能な味方と一緒にプレイしたらOKです。
友達がいなくても大丈夫。簡単にプレイヤーを募集できるシステムになっているので問題ありません。

武器や装備換装も重要なファクターです。ある種の育成要素とも言えます。
このようなシステムもあるからこそ面白いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。