【ドメスティックな彼女】第1話感想:内容が深夜枠(意味深)なんだがw


声優

  • 橘 瑠衣(内田真礼)
  • 橘 陽菜(日笠陽子)
  • 藤井夏生(八代 拓)
  • 柏原もも(佳村はるか)
  • 葦原美雨(小原好美)
  • 栗本文哉(江口拓也)
  • 藤井昭人(飛田展男)
  • 橘 都樹子(日野由利加)
  • 柾岡悠弥(益山武明)
  • 木根和志(梶原岳人)
  • 桐谷怜士(緑川 光)
  • 萩原 柊(平川大輔)
  • 小林昌樹(津田健次郎)

あらすじ

高校生:藤井 夏生はクラスの友達に合コンに誘われてカラオケに行くことになった。
そこで出会った女の子:橘 瑠衣と成り行きで1回限りの関係を結ぶことになったが後日意外な場所で再開することになる。

父親が再婚することになり、相手の連れてきた子供はよく知る人物で驚く夏生だったが…。

ドメスティックな彼女の感想

ドメスティックな彼女1話

引用元:BS-TBS「ドメスティックな彼女 1話」
©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

髪の色は全然違いますが某軍艦擬人化ゲームの加賀さんに思えて仕方ない件

不機嫌そうで静かな声色と無愛想な性格のせいで尚更見えます。

加賀さん可愛い

ドメスティックな彼女というタイトルなのでツンデレ暴力系ヒロインかと勘違いしましたが
よく考えると全然違いますねw

ドメスティック・バイオレンス=家庭内・暴力

ドメスティックな彼女=家庭内の彼女

タイトルはドメスティック彼女の方が良かったのかもしれません。

それにしても高校生とは思えないおっぱいの大きさと容姿がエロい!
合体シーンがあるのでリビングのテレビや不特定多数が存在する空間では見ない方がいいです^^;

印象深かったところについて考察・解説

ドメスティックな彼女1話

引用元:BS-TBS「ドメスティックな彼女 1話」
©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

本編開始早々ベッドシーンプロレス(意味深)というのはビビりました。

これはエロアニメかな?

まあ深夜に放送しているアニメなので文句をつけるわけではないですが
交際に至るまでの描写をスルーしていきなり部屋でプロレス(意味深)を始めるので流石に驚くわけですよ。

瑠衣「ねぇ、ここであたしとHしてくんない?

夏生「は?

まあ部屋に連れ込む時点でお察しですがいきなり言われるとそういう反応になりますよね

瑠衣「別に嫌なら帰ってもいいけど

夏生「嫌とかでは…ないけど、なんで俺と?

このあと淡々と驚愕の理由が明かされます。そして一夜限りで終わるはずがここから運命は動き出して複雑な関係に至ります。

それにしてもピンクピンクしたTHE女の子っぽい部屋かと思っていたら結構シンプルな部屋ですね。
このようなところからもクールな性格が読み取れます。

ちなみに驚くときは普通に表情変わるので安心して下さい。

ドメスティックな彼女の評価

脚本
(4.0)
音響
(3.5)
表現・演技
(4.0)
面白さ
(4.0)

アニメにリアリティを求めるのはナンセンスですが服装などが高校生っぽくなかったのが残念です。
私が高校生だった頃は特に厳しい校則で縛られることはなかったので一般的な高校の平均的な校則を知らないのですがそれでもピアスをつけている高校生は珍しいと感じました。

でも内容はまあまあ面白かったですよ。

あまり書きすぎるとネタバレになるので控えますがまだまだ可愛いヒロインが登場します。
単独ヒロインではないのでこれからどう物語が動くのか楽しみです。

円盤にはディレクターズカット(意味深)で収録して欲しい!

もちろんモザイクなしで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。