【このはな綺譚】第1話感想「さくやこのはな」←皐ちゃんが可愛いよ!

一応アニメレビューという形で書いていますが解説や考察を交えながら感想を書いていくのでネタバレに注意して下さい。
今回はあまり話が進みませんでしたね。各登場人物にフォーカスを当てて性格を説明することがメインで世界観についての説明は全然でした。

テンプレ?

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

どけどけ〜
大変だァ!見て下さい。このいかつい顔。こんな顔でブチギレながら街のど真ん中を爆走している荒くれ者。

これは絶対に絡まれる展開だ!
異世界に勇者召喚されてギルドに初めて訪れたら舐められて絡まれるのと同じ理論。

肩に大きな荷物持っていますし表情がヤバいです。このまま衝突したらどちらが吹っ飛ばされるかは明白ですね。

主人公柚(ゆず)

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

まだ本編始まって30秒しか経ってないのにあんなことになるなんて…。
と思っていたら

引きで見るととても小さな姿をしていることが分かります。どちらが吹っ飛ばされるかは明白と書きましたが本当に明白でした。
これだけ小さいと走らないと間に合いませんよね。誰かに運んでもらった方が良いような…。
何の用で急いでいるのかは分かりませんが体の大小関係なく共存できる町ということは予想出来そうです。

主人公ちゃんは可愛い表情をしながら
すいません」と謝ります。この後の主人公の真面目さからも分かりますがどうやら純粋で優しい女の子みたいですね。

此花亭(このはなてい)

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

ここが主人公が務めることになる此花亭
見た感じだと4階っぽいです。ここまでに来る道のりも桜の木が並んでいて中々高級そうな立派な旅館(?)ですね。
時代観として江戸と言ったところでしょうか。街で二番目に大きな建物らしいです。

もしかして高級宿で女将さんにこれからイジメられる展開来るか!?

※最上階から地面に向かってスーパーボールを投げたら結構楽しそう。

此花亭のお偉いさん

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

左が仲居頭の(きり)。性格は喰えない野郎だが他の中居たちのことを気にかけている様子が何度か描写されています。

右が女将の椿(つばき)。中居たちと違って狐の姿をしています。
主人公柚ちゃんに初見でタバコを煙を吹きかける少し厳しそうな外道。今のところ登場したのはこのシーンのみで普段は仲居頭が仕切っているっぽい。

何故女将だけ獣(妖怪?)の姿をしていたのか気になりますね。人間の姿で居るよりメリットがあるのでしょうか。例えば人間の姿から変身することで戦闘力や妖力が上がったりとか。←それどこのフリーザ様

棗と皐

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

左が(なつめ)。元気が良い少年っぽいですが女の子です。柚を優しい言葉でフォローします。

右が(さつき)。柚の指導係を仲居頭に命じられる。最初は拒否をするが姉のことで煽られて乗せられてしまいます。
責任感が強くて完璧に仕事をこなす故に棗とは裏腹に柚に厳しく当たるが徐々に柚の一生懸命さを認めます。

柚に和服を貸す蓮

このはな綺譚第1話

引用元:BS11「このはな綺譚 第1話」
©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

着付けのために(れん)の元に訪れる柚。

初対面故にお互い挨拶することに
「私、蓮よ。仲良くしてね」
「そ、そ、そんな。私の方こそ仲良くして頂ければ」

表面上問題ない会話ですが…。

心の中で蓮は
当たり前じゃない何言ってるのこの子
と厳しい一言。どうやら心の奥底から仲良くしたいのではない模様。

そして柚が過ぎ去った部屋で

トロそうな子ね
と口悪く1人ごちる。ツンデレタイプなのかそれとも本当に性格が悪いのかまだ判断しづらいですね。
まあそんなに悪そうな子ではなさそうです。

結論

様々な性格の中居が居ましたが悪そうな人はあまり居ませんでした。

ところどころ百合っぽい要素がありました。
この記事を書くにあたって名前の漢字とか分からない部分があったのでwikiで調べました。
案の定余計なところまで見てしまってですね…。
なんと原作と同じ方向に進めば順調に百合恋愛系になりそうです^^;

皐ちゃんが一番可愛いよ。(^ω^)ペロペロ

もちろん異論は認める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。