【Mac miniレビュー】2018モデルは歴代Macの中で最強!?

Mac mini 2018

先日、ヤマダ電機でMac miniを購入しました。

今まではMacBook Pro 2017を使っていたので久しぶりのデスクトップMacになります。

私がMac miniを購入した理由

  • MacBook Proの保証期間が過ぎている
  • 最近はMacを外に持ち出すことがほとんどない
  • デュアルコアだとたまにしんどいと思う時がある

主にこの3つです。
Apple製品は店選びさえ間違えなければ買取価格がとても高いので壊れないうちに買い換えるというのはとても大事です。

ちなみにディスプレイのコーティング問題については保証期間外でも無償で対応してくれるはずです(Appleの方針が変わっていなければ)。
モバイル保険に入っていれば故障のリスクにも対応出来ますが2つ目と3つ目の理由があったので今回はデスクトップMacへとシフトしました。

開封の儀

Mac mini 2018の付属品

箱から出した写真です。
キーボードやマウスは別売りなので特筆するべき付属品はありません。

電源コードはコンパクトにまとまっていていいですね。
ACアダプタが大きい製品は隣のコンセントのスペースを占領してしまいます。

Mac mini 2018のCPUは一番安いモデルでも高性能

CPU 第8世代Core i3 3.6GHzクアッドコア
メモリ DDR4 8GB 2,666MHz
グラフィック Intel UHD Graphics 630
SSD 128GB PCIeベースSSD

SSDを128GBにした理由

SSDの容量で少し迷いましたが一番安いモデルを購入。
グレードとしては128GB、256GB、512GB、1TB、2TBとあるのですがどうやら容量によって読み書きの速度が違うらしいです。容量が上がっていくにつれて速度が比例するみたいなので256GBにしようかと少し迷いました。
まあ外付けSSDで容量足せばいいかなと思って安易に128GBを選びました。
(のちにThunderbolt3接続の外付けSSDの価格を見て驚く羽目になる)

ちなみにApple製品のSSDが高い理由は高性能だからです。
お財布に余裕があるのであれば512GB以上を選ぶと幸せかもしれません。

Core i3の性能は十分なのか

やっぱりクアッドコアは快適でいいですね。特にブラウザでクアッドコアの恩恵を大きく感じました。複数タブを同時に開いた時も余裕で処理してくれます。
ちなみにファンの動作音はいつでも静かなので深夜に使っても問題ありません。
というか今のところファンが唸った音を聞いたことはないです。

今まで使っていたMacBook Proはデュアルコアということもあって特にブラウザゲームなどで遊んでいるとたまにもたついていました(バックグラウンドで他のアプリやタブが動いていたのも要因ですが)。さらに発熱がすごくて筐体の熱さがヤバかったです。

メモリは8GBで充分なのか

昨今のOS&アプリはメモリをアホみたいに消費しますが今まで通り8GBのままです。最近のMacに搭載されているSSDは読み書きが爆速なので物理メモリをオーバーしても特に問題なく動かすことが出来るからです(あくまで私の使い方だと)。
メモリ換装が可能というのも理由の一つです。Mac miniのメモリ換装はハードルがやや高いので最初から16GBにカスタマイズするのもオススメです。

Mac mini 2018の周辺機器(裏面)について

Mac mini 2018の裏側

裏はこんな感じです。

  • USB 3ポートx 2
  • HDMI 2.0ポート
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポートx 4
  • ギガビットEthernetポート
  • 3.5mmヘッドフォンジャック

この大きなスリットは熱(空気)の出入り口という役割があります。

私はスリープで使っているのでどうでもいいのですが電源ボタンが裏にあるのは賛否両論あると思います。

Apple純正のワイヤレスキーボードとロジクールのマウスを使っています。
その他にも色々接続していますがUSB3ポートがもう一つ欲しかったと思わなくもないです。

電波干渉は今のところは起きていないです。

Mac mini 2018のスピーカーの音質について

ないよりマシかなというレベルです。
横に並べて聴き比べしたわけではないので私の気のせいかもしれませんがMacBook Proよりも格段に音質が悪いです。YouTubeなどで動画を見るのは無理があります。当然、映画を見るのは論外です。
作業用BGMを流すときは高価なイヤホンやスピーカーを使うよりもチープな音の方が集中出来るので、私にとっては逆にこのスピーカーで良かったのかもしれません。

モノラルスピーカーのような音だったので分解レポートを見てみると、とても小さいスピーカーを1つ搭載しているだけでした。

元からあまり期待をしていませんでしたがこのスピーカーの必要性に疑問を感じます。

macOS Mojaveを使ってみた感想

山奥から見える星雲

UIや操作方法が一新したわけではないのですぐに馴染みました。

一番気に入ったのは時間の経過と共に変化する壁紙です。
そして、デスクトップに散らばったファイルを種類ごとに自動的にまとめて格納するスタック機能はデスクトップ散らかしマンの私にとってはありがたい機能です。

残念な点としてはメニューバーの色だけを変えることが出来なかったことです。
以前のOSではメニューバーとDockだけが暗くなる仕様でした。

Mojaveからはダークモードという新機能があるのでダークモードにするとウインドウの色など丸ごとダーク配色になってしまいます。

流石に1日中ダークモードで使うのは嫌です。
朝になったら自動的にライトモードに戻るわけではなさそうなので結局ライトモードで使っています。

Mac mini 2018を使って起こった不具合とトラブル

煽り耐性低すぎ

スリープから復帰した時にネットに繋がらない件

スリープから復帰するとインターネットに接続するのに時間がかかります。
速度が遅いなどの問題ではなく全然繋がらないのです。起動してから数分経ったら普通に繋がるようになりますが地味に困ります。

Time Machineを利用してMacBook Proの環境をそのまま引き継いだのが原因かもしれないのでクリーンインストールをして検証の必要がありそうです。

…と思っていたところ、アップデートを適用したのをきっかけに治りました。

ディスプレイをロストする

Mac miniはデュアルディスプレイ環境下で使っているのですがトラブルが…。

私は一つのディスプレイに複数のPCを接続しています。
リモコンで入力を切り替えるのですがWindowsPCからMac miniに戻す時にサブディスプレイの方にメインデスクトップが移ってしまいます(つまりディスプレイ1台しか接続していない状態)。数秒後には元に戻るので今のところは問題ないですけど出来れば解決したいところです。

MacBook Proを使っていたときは特にディスプレイをロストすることはなく安定して使えていました。

Bluetooth接続のキーボードはセットアップ時に使えない?

セットアップの時にApple純正のWireless Keyboard(Bluetooth接続)が使えませんでした。WindowsPCで使っていたキーボードを接続することでセットアップを続行出来ましたが…。

そもそもキーボード関係の接続画面がなかった気がします。

Apple純正キーボード最新世代であるMagic KeyboardはUSB接続としても利用出来るのでほとんどの人にとっては問題にならないのかもしれませんね。

Mac mini 2012と2014と2018と比較して

マザーボードにCPUを取り付け

2012と2014について

Mac mini 2014はCPUをカスタマイズしてもデュアルコアが最上位だったので2012年モデルと比較すると性能がイマイチです。

特に最廉価グレードのモデルはストレージがHDDということもあってあまり好評ではありませんでした。

2014年モデルでもハードな使い方をしない限りはSSD 256GBモデルを使えば快適ですけど、やはりCPUのコア数の壁は超えられないものがあるので不満があったユーザーも相当数いたはずだと思います。

2018について

そして今回は第8世代クアッドコアです!
2014は確かSkylake以前のCPUなので今回のMac mini 2018はコア数以外の性能も飛躍的に向上しています。
それゆえにブラウザゲームで遊んでいても快適ですしH.265(HEVC)の動画も特に問題なく再生されます。

Mac miniの筐体でクアッドコアを使うと排熱が追いつかないから2014年モデルでデュアルコアを最上位グレードにしたのかなと予想しました。

じゃあ2018年モデルではどうなったの?と思う人もいるかもしれませんが重い処理が続くとやはり熱々になります。
Mac miniの下側にUSB接続ファンを設置している人もいるのでもし排熱に困っている人がいるのであればやってみるのもいいかもしれません。

USB-Cが4つあるのもMac miniを選んだ理由の一つです。
そしてギガビットEthernetポートがあるのもすごく助かっています。私は基本的に有線を好んで使っているのでMacBook Proでも有線(100Mbps)で接続していました。当然、NASとのファイル転送がとても遅いです。
ギガビットEthernetのMac miniだとあっという間に転送が終わります。

少し惜しいと思ったのは電源がUSB-Cではなかったことです。TDPやアダプタの問題があるのかもしれませんがUSB-C接続にして欲しかったところ。

歴代Macの中で最強だと考えた理由

贈り物

基本的に私はMacで動画編集や画像編集などをしないのでヘビーな使い方はしません。それでも2コアだと力不足を感じる場面があったので今回買い替えたことで快適に利用出来ています。

Mac Proは2013年に発売してからはメジャーアップデートしていないので今更感が高いです。年内にメジャーアップデートされそうですがこれまた高そう。
そもそもMac ProはXeonアーキテクチャなので普通の人にとってはコスパが悪いです。

ちなみにiMacも購入の選択肢の一つでしたが一般的な日本人の体格でiMacを使うと疲れやすいと思います。少なくとも私がiMacを使っていた時は位置の高さに悩みました。4K Retinaディスプレイや5K Retinaディスプレイも非常に魅力的でしたが画面がグレアタイプなのでイマイチです。他のメーカーのPCと比較すると反射はすごい抑えられていますがメインディスプレイはノングレアにしたいと考えていました。

Mac miniの魅力について

Mac mini 2018はCPU・SSD・メモリの選択肢が広いので各々求める性能を柔軟にクリア出来ます。4Kディスプレイにも対応している上にThunderbolt 3(USB-C)ポートが4つあるので万能ですね!カスタマイズで10ギガビットEthernetを選ぶことが出来るのも重要なポイントの一つです。

ヘビーに使ってもサーマルスロットリング(性能が下がる)が頻繁に作用することはないはずです。
※流石に全コアフルロード状態にすると温度がどんどん上がっていきます。

その一方でIris Plusなどの高性能GPUや外部グラフィックなどのチョイスがないので4K HiDPIディスプレイで画像編集などをするのは厳しいかもしれません。他の人のレビューを見るとマウスポインタがもたつくなどの報告がありました(未検証なのであくまで参考までに)。

Mac mini 2018は外付けグラフィックボード(eGPU)をサポートしていますが現実的な値段ではないのでMac ProやiMac上位モデルを選んだ方がマシですね。

良いところ

  • 下位モデルでもCPU性能が高い
  • 筐体がコンパクト
  • コスパが良い

悪いところ(注意点)

  • フルロード時の冷却性能が不足気味
  • メモリ交換の難易度が高すぎる
  • 筐体が黒いということもあってホコリが目立つ

筐体自体がヒートシンクみたいな役割を果たしているっぽいので外付けファンを設置することで冷却問題については解決出来ます。
しかし6コアCPUをカスタマイズの選択肢の一つにするのであれば筐体のサイズや厚みを大きくすることで冷却性能を高めて欲しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。