【スマホ版】マインクラフトをプレイした感想と評価


世界観とあらすじ

広大なマップ(草原、砂漠、海など)にドットテイストの素材ブロックを積み上げて自分の好きなモノを作るサンドボックスゲーム。
基本的にはシングルプレイだがマルチプレイにも対応しているので遊び方の幅は極めて広い。

1人で淡々と街を作る人もいれば、マルチプレイでワイワイ楽しみながら協力して城を作る人もいるのでYouTubeなどの動画サイトでは人気コンテンツになっている。

最初はPC専用のゲームだったが現在ではPC(Java版とWindows10版)、家庭用ゲーム機、スマートフォンアプリ版のマルチプラットフォームで展開。
※全てのプラットフォーム間でマルチプレイが出来る訳ではない。

通称マイクラと呼ばれている。

スマホアプリ版マインクラフトをプレイした感想(ネタバレなし)

刺身定食1食分の価格でこんなゲームがプレイ出来るのは最高です!

スマホ版では矢印ボタンとタップが基本的な操作になるので慣れるのには時間がかかりました。
タップ操作ならではのアドバンテージもありますがコントローラーを用意した方が楽な気がします。

住めば都ということわざがありますが
まさにその通りで段々慣れて来たら普通に操作出来るようになりました。

正直、スマホでプレイなんて無理だろうと思っていたのですが全然余裕です。

マインクラフトの世界を知るために探索する

マインクラフト

ワールドを作り終えて1分もしないうちに敵(多分スケルトン)に弓でやられました。

リスポーン後に反撃しようにも操作方法がPC版と全然違うので倒すことすらできずに結局逃げるという…。

マインクラフト

復活ボタンを押しても特にペナルティがあるわけではないですがアイテムは持ち越せません。
敵にやられてしまった場合、やられた地点に戻ってアイテムを回収しないとロストしてしまいます。

しばらく歩いたら村を発見

最初のリスポーン地点からしばらく進んだところに立派な村があったのは驚きました。

マインクラフト
( ゚д゚)こっちみんな

私は豆腐建築しか作れないのでしばらく村を歩き回っていたらあっという間に夜になったのですがそこからが大変。

村人が大量のゾンビにチェンジにしていました。危険な村に入り込んでしまったみたいですねw

色々試行錯誤しているとすぐにゲーム内時間では夜になって敵が大量に湧いてきて何回もやられました。

こんな感じで今日は探索終了。

スマホアプリ版マインクラフトの評価

マインクラフト
操作性
(3.5)
ロード時間
(4.5)
難易度
(4.0)
面白さ
(5.0)

アプリを購入する前にiPhone Xシリーズで正常に動くかどうか心配していましたがそれは大丈夫でした。

グラフィック(チャンク)の設定を最大にしていたことが原因なのか元々電力消費が激しいせいなのか分かりませんが
あっという間にバッテリーを消費をしました。

難易度設定は4段階あってノーマルでプレイしたのですが探索中に何度もやられるという…w
難易度以外にもチートじみた設定項目があるので柔軟に調整出来るのはマインクラフトのいいところです。

マインクラフト自体はPCでプレイしたことあるのである程度システムは分かっていました。
クラフト(アイテム合成)のシステムは進化していて、レシピ不要で松明などのオブジェクトが簡単に作成可能になっていたのは素晴らしい改善だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。