【世話やきキツネの仙狐さん】第1話感想:のじゃロリ狐娘の素晴らしさを知ってしまった


あらすじ

ブラックIT企業に勤務にしている中野は負のオーラが他人に影響が出るほど疲労困憊状態であった。
終電まで残業をしたある日、帰宅するとそこには見知らぬ狐娘:仙狐が料理を作って待っていた。

彼女は神の使いで中野を甘やかすことを目的としていた!?
これから彼の生活はどうなるのか。

お世話系甘やかし日常アニメ。

世話やきキツネの仙狐さん 第1話の感想(ネタバレなし)

ペン立てとノート

これはヤバい…。

正直に言うと今までのじゃロリのことをあまり好きではなかったのですがこの作品のおかげで素晴らしさを知ることが出来ました。

???「世知辛いのじゃ〜」

こっちののじゃロリではない(無言の腹パン

仙狐さんが可愛すぎてもうたまらないんですよ。
仕事に不満がある人にはこの作品はどストライクだと思います。

嫌なことがあってもまた明日から頑張ろうという気にさせてくれます。

世話やきキツネの仙狐さんの登場人物

  • 仙狐(和氣あず未)
  • 中野(諏訪部順一)
  • シロ(内田真礼)
  • 高円寺 安子(佐倉綾音)
  • 夜空(喜多村英梨)

印象深かったシーンについて考察・解説(ネタバレあり)

中野が働いている会社はブラック企業!?

高速タイピングでプログラムを書いていることからIT関係の仕事を専門にやっている様子。

電車内で負のオーラを醸し出す中野

引用元:BS11「世話やきキツネの仙狐さん 1話」
©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

かもすぞー!

自分の仕事が終わったのに隣のプロジェクトのヘルプで結局は終電の時間に帰ることに…。
負のオーラが他人にまで影響するほど心に闇を抱えているみたいですねw

夜の時間帯でも社内にはまだまだ人がいるので慢性的な人手不足っぽいです。
夕食を食べる余裕すらないのは相当ブラックだと思います。

内心ではヘルプを嫌がっていましたが断りきれなかった様子からするに気弱な性格なのかもしれません。

仙狐の正体と目的

夕食を作っている仙狐さん

引用元:BS11「世話やきキツネの仙狐さん 1話」
©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

「おかえりなのじゃ!遅くまでお仕事お疲れ様じゃ」

鍵を開けてドアを開くとそこには夕食を作っている狐娘が!?笑顔が可愛いですね。
この時点で私はのじゃロリ狐娘の魅力にハマってしまいそうになりました。

こんな子にお出迎えされてみたいお(^ω^)

一度は追い出しましたがドアをすり抜けて家に入ってきたのでただの狐娘ではなさそうです。

話を進めていくと彼女の名前は仙狐で800年の時を生きる神の使いということが判明。

ボロボロの中野の姿が見てられないから世話をしに来たとのこと。

でも世の中、疲れ果てた人なんて探せばいくらでもいますよね。
どうやら家(実家?)に恩があるから来たみたいです。

夕食が美味しそう

煮物と味噌汁と白ご飯

引用元:BS11「世話やきキツネの仙狐さん 1話」
©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

仙狐さんが作っていた夕食は味噌汁と煮物と白ご飯で中野は美味しそうに食べていました。

調べてみると煮物は油揚げと肉団子の煮物らしいです。
土鍋で白ご飯を炊いているのがグッドポイントですね。

品数が多少足りないような気がしないでもないですが冷蔵庫には食材少なそうですし疲れた中野にとってはこれくらいが丁度良さそうです。
特殊能力:負のオーラが浄化されていくほどの幸せを中野は感じていました。

場所や路線にもよりますが終電というのは12時〜深夜2時くらいです。
この時、仙狐さんも一緒に食べていたので夜遅くまで何も食べずに待っていたということになります。

中野と仙狐さんは子供の頃に出会っていた!?

膝枕をする仙狐さん

引用元:BS11「世話やきキツネの仙狐さん 1話」
©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

膝枕で思い出す過去の記憶:おばあちゃんとはぐれてしまって森の中を彷徨っていた子供時代の中野に狐が誘導をして助けていました。

もしかしてその狐は仙狐さんだったのかと気づいて聞こうとしますが結局は聞きそびれましたね。

森の側にあった神社の守護獣像は狐だったので何か深い関係がありそうです。
真摯の狐に世話されるに値することはどんな善行を積んでも足りないと仙狐さんは言っていたので狐は先祖か子供時代の中野に何か大きな恩があったのかもしれません。

もふもふが最高

もっと遠慮せずに甘えろと言ってくる仙狐さんに対して中野が提示した条件とは。

中野「尻尾を触ってみたい

全力でもふもふしたせいか「くひゃーーーーー!」と大声を出していましたw
1日1回までと言っていたので尻尾はウィークポイントなのかもしれませんね。

世話やきキツネの仙狐さん 第1話の評価

脚本
(3.5)
音響
(4.0)
表現・演技
(4.5)
面白さ
(5.0)

ただの日常系アニメでも個人的には高評価であっという間に時間が過ぎました。
疲れて帰って来たサラリーマンを甘やかすだけのアニメですが一応軽く伏線などはあります。
(個人的には脚本の評価を4にしたかった)

10人中10人にウケるような内容ではなさそうですがハマる人はとことんハマりそうです。
PV動画を見たら海外勢のコメントが多かったので驚きました。
国内でも反響を巻き起こして欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。