【2020年版】USB充電器のおすすめ8選。急速充電対応は当たり前!?

ケーブルタップで充電しながらスマホを充電

私は外でスマホを長時間使うことがあまりないので寝る前に充電するくらいで間に合っています。ところが先日iPadを購入して初めて充電すると軽く6時間以上かかっていました。

うわっ…私が使っている充電器性能低すぎ…?

ここまで長いと映画3本見てもお釣りが返ってきそうです。

今のところ問題が発生しているということはありませんがもう少し充電が早ければなと思うことが時々あります。

充電に関する規格は混沌としていて製品も沢山あってどれを買えばいいのか分からない人もいると思うのでおすすめの充電器を簡単に紹介していきます。

規格と選び方について

充電性能=電圧(V) x 電流(A)で決まります。電圧はどの製品も同じ5Vなので基本的にはアンペア(A)が高い製品ほど充電時間が短くなるというわけです。

※新しい規格については後述します

USB Power Deliveryとは

PDと呼ばれていて最大100W(20V5A)の給電が可能な規格です。

基本的にはUSB-Cケーブルを使います。
充電器だけではなくケーブルとデバイスもPD対応している必要があります。

例えばiPhone8以降のモデルではApple USB-C – Lightning ケーブルを使うことによって高速充電をすることが出来ます。

※スマホやタブレット側や充電器側が必ずしも100W給電に対応しているとは限らないので注意

ケーブル

実測値を調べてみたところ、純正品や有名メーカーを使えば充電器の性能をフルに活かせるほどのアンペアが出るようです。
しかし、ケーブルが短い方が有利な結果が出たりするので高速充電用に短いケーブルをもう1本確保しておくのも悪くないと思います。

気をつける点としては激安ケーブルやMFi認証がないケーブルは充電器の性能が活かせなくなるケースがあるようです。

Apple純正の充電器のアンペア

https://support.apple.com/ja-jp/HT210133

  • iPhone純正充電器→5W(1A)
  • iPad純正充電器→10W(2.1A)、12W(2.4A)、18W

付属の充電器を使っていてもう少し早く充電したいなと思ったらこれ以上のスペックや品質の充電器を目安として選ぶことをおすすめします。

USB充電器のおすすめ

BUFFALO BSMPA2402P1WH

出力ポート USB Type-A
ポート数 1
急速充電対応
出力電流 最大2.4A
保証 6ヶ月
備考 AUTO POWER SELECT機能

AUTO POWER SELECT機能とは

iPhone、Androidを判別して適切な充電出力を流す機能

ココがポイント
  • 小型で軽い
  • 折り畳み式プラグ
  • コンパクトで他のコンセントに干渉しにくい

Anker PowerPort 2 Elite

出力ポート USB Type-A
ポート数 2
急速充電対応
出力電流 4.8A(各ポート最大2.4A)
保証 18ヶ月(正規販売店からの注文に限り)
備考 PowerIQ、VoltageBoost搭載

PowerIQとは

接続した機器に最適な電流を供給することで最速の充電を可能にする技術

VoltageBoostとは

ケーブルの状態によって電圧を少し昇圧して効率を高める技術

ココがポイント
  • 頑丈かつコンパクト設計
  • 青く光ってカッコいい
  • 2ポート同時使用でも安心して使える

Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー

出力ポート USB Type-A、Type-C
ポート数 4
急速充電対応 ◯(PDやQuick Chargeにも対応)
出力電流 TypeAのポートは最大2.4A、PDは最大60W
保証 18ヶ月
備考 Quick Charge 3.0搭載

Quick Chargeとは

5V以上の電圧を使うことにより速く充電することが出来る技術。
iPhoneやiPadには非対応のようです。

ココがポイント
  • これ一つあればノートPCなども同時に充電可能
  • コンセント側はケーブル
  • メタリック仕上げで落ち着いたデザイン

Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

出力ポート USB Type-A、Type-C
ポート数 5
急速充電対応 ◯(PDにも対応)
出力電流 6A(各ポート最大2.4A)、PDは最大60W
保証 18ヶ月(正規販売店からの注文に限り)
備考 PowerIQ搭載
ココがポイント
  • コンセント側はケーブル
  • 沢山ポートがあるのでUSBケーブルの繋ぎっぱなしに出来る
  • マットテクスチャ加工なので傷の心配が減る

【改善版】Anker PowerPort+ 1

出力ポート USB Type-A
ポート数 1
急速充電対応
出力電流 Quick Charge 3.0非対応デバイスは最大2.4A
保証 18ヶ月(正規販売店からの注文に限り)
備考 PowerIQ、Quick Charge 3.0搭載
ココがポイント
  • 折り畳み式プラグ
  • Quick Charge対応でもコンパクトで比較的安価
  • 出先で短時間充電するユーザーにおすすめ

RAVPower RP-UC11

出力ポート USB Type-A
ポート数 2
急速充電対応
出力電流 4.8A(各ポート最大2.4A)
保証 最大30ヶ月(製品登録が必要)
備考 デバイスやケーブルによって適切な電流や電圧で出力する機能を搭載

RAVPowerとは

日本にも支社があるグローバル企業SUNVALLEYグループのブランド

ココがポイント
  • 丸くてコンパクト
  • 白い筐体は清潔感あって良い
  • 折り畳み式プラグ

RAVPower RP-PC120

出力ポート USB Type-C
ポート数 1
急速充電対応 ◯(PD対応)
出力電流 最大30W
保証 最大30ヶ月(製品登録が必要)
備考
ココがポイント
  • 軽量かつコンパクト
  • 折り畳み式プラグ
  • ガジェットをUSB Type-Cに統一している人にとっては便利

エレコム EC-ACD01BK

出力ポート USB Type-A
ポート数 6
急速充電対応
出力電流 2.4A(3ポートそれぞれ最大6A上限)
保証 1年
備考 電源ケーブル1.5m
ココがポイント
  • 電源ケーブルが長い
  • 滑り止めラバーが付いているので安定して設置可能
  • 机の上にUSBデバイスが沢山ある人におすすめ

最後に

ここまで読んでくれてありがとうございます。
最近はUSBケーブルで充電するデバイスが多いので家の中で使うことを目的とする場合は6ポート対応の充電器はとても便利だと思います。

一つだけで済まそうとするのではなく、机の上や床など様々なシチュエーションに応じて適切な製品を複数選ぶことをおすすめします。

ケーブルや充電器そのものが故障することもあるので二つ以上充電器を持っていても損はないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。